あなたのための安心できるスクール選び
  • NEXT
  • 年齢
           
    性別
     
    NLPを受講したことがある
     
    NEXT
  • NLPを学ぶ目的は?
    人間関係・日常生活に役立てたい
    ビジネスに生かしたい
    資格を取得したい、NLPを仕事にしたい
  • 人前で話したり、プレゼンするのが苦手だ
    YES
    NO
  • プレゼンスキルを徹底的にアップしたい
    YES
    NO
  • 影響力のある人間になりたい
    YES
    NO
  • 人見知りをする
    YES
    NO
  • 効果的な営業トークを身につけたい
    YES
    NO
  • プロとしてプレゼンを学ぶ必要があると感じる
    YES
    NO
  • 禁煙やダイエットが接続しない
    YES
    NO
  • チーム(組織)のモチベーションアップさせたい
    YES
    NO
  • NLPの素晴らしさを多くの人に伝えたい
    YES
    NO
  • 家庭環境や仕事の人間関係に悩んでいる
    YES
    NO
  • NLPを新しいマーケティング手法に取り入れたい
    YES
    NO
  • 自身のセミナーやセラピーにNLPスキルを活用したい
    YES
    NO
  • NLPを通して同じ価値観の仲間と出会いたい
    YES
    NO
  • いつかは起業したいと考えている
    YES
    NO
  • 高いセルフイメージを持っている
    YES
    NO
  • NLP団体を選ぶうえで重視することは?
    講師
    料金
  • NLP団体を選ぶうえで重視することは?
    実績
    最新のNLP
  • NLP団体を選ぶうえで重視することは?
    資格取得サポート
    講師

人気のNLPスクールはこちらの5社

そもそもNLPとは?

NLP=神経言語プログラミング

NLPとは、 Neuro(神経・五感)、Linguistic(言語) Programming(プログラミング)の略で、日本では神経言語プログラミングと呼ばれています。

言語学者のジョン・グリンダーとリチャード・バンドラーらがセラピーの分野で活躍した「3人の天才セラピスト」を分析し、その手法を体系化したものです。
NLPは1970年代初頭に当時のアメリカで、戦争帰還兵のメンタルケアに効果を発揮したとされており、心理治療の現場で使用され、その後ビジネスや教育などの分野でも応用されてきました。現在では、セラピーから、ビジネス・スポーツ、教育の分野で幅広く使用されています。

NLP(神経言語プログラミング)が開発されたときに参考にした「3人の天才セラピスト」は、 クライアントとのコミュニケーションに長けていました。 具体的に言うと、クライアントとの信頼関係の構築がとてもうまかったのです。

セラピーを行うときは、クライアントとの信頼関係がとても重要となります。初対面の相手であっても、 旧知の友人のように、心を開いてもらう必要があるからです。「3人の天才セラピスト」は、 コミュニケーションのスキルを持っていたのです。

NLPがコミュニケーションに関する学問と言われているのは、こういった理由からです。

「3人の天才セラピスト」は、現在の心理学の世界に大きな影響を及ぼしています。 催眠療法家のミルトン・エリクソンは、現在でも心理療法の世界で幅広い影響を持っており、 そのコミュニケーション技法(催眠技法)は、エリクソン催眠(現代催眠)と呼ばれています。 また、フレデリック・パールズは、家族療法という心理療法を体系化し、現在でもその手法は研究されています。 そして、フレデリック・パールズは、ゲシュタルト療法という心理療法を体系化し、その手法もまた世界中で使用されてます。

NLPは「3人の天才セラピスト」がクライアントに対して行ったコミュニケーション技法が大元になっています。

押えておきたいNLP基礎知識

NLPスクール選びで悩まないために、NLPスクールの基礎知識から選び方の基準まで様々な角度で独自に調査・分析したコンテンツをご用意しました。

NLPの基本的知識や歴史、資格の種類について解説しています。 詳しくはコチラ >>
NLPスクールを選ぶための押さえておきたいポイントをピックアップしました。 詳しくはコチラ >>
NLPに関する疑問やデータを紹介しています。 詳しくはコチラ >>
人気のNLPスクール5社を様々な視点から比較・分析しています。 詳しくはコチラ >>

NLPセミナーで学ぶ理由

NLPを学ぶには、いくつかの方法があります。その方法について、簡単に紹介しましょう。 NLPを学ぶときには、大きくわけて2つの種類があります。


その種類とは、

  • ●セミナー講座
  • ●通信講座


この2種類です。

 

NLPを学んでいる人の中では、基本的にセミナーで実際に勉強をする人の方が、圧倒的に多いです。 98%程の人が、セミナーに参加して、NLPの事を勉強しているでしょうか。  

NLPのような心理学は、座学を一生懸命したからといって、マスターすることが出来るわけではありません。水泳も、解説本を読んだからといって、水泳がうまくならない事と同じように、実際にNLPのセミナーに参加して、NLPのテクニックを自分の身体を使って覚えることが一番理解を深める方法だと思います。
そういった点で、通信講座を使って、NLPを学ぶことというのは、限界があるようで、今のところほとんど普及していません。

セミナー開催は、北海道・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡など

 

NLPは、セミナーに参加して勉強するとして、セミナーを行っている都市・地域について、 簡単に説明しましょう。

NLPセミナーの開催は、北は、北海道から南は、沖縄までで行われています。 基本的に、政令都市でセミナーが行われているようです。恐らく、探せばその他の地域で行なっているNLPセミナーも発見することができると思いますが、そのほとんどが政令都市に集中しています。 その中でも、特に東京・大阪で開催されるNLPセミナーの数が多いようです。 特に、NLPの資格制度であるNLPプラクティショナーを取得するコースを 開催しているNLP団体は、東京・大阪で主催をしている団体のようです。

北は、北海道から、仙台・東京・名古屋・大阪・福岡。
南は、沖縄にいたるまで、様々な都市でNLPは学ばれています

本当にNLPがわかるプラクティショナーコース

NLPには、資格認定を行う資格セミナー(プラクティショナー)があります。 その資格セミナーの名称は『NLPプラクティショナーコース』と言います。 認定が受けられるコースを修了してNLPプラクティショナーの資格を得ることができるのです。しかし、10日間の日程を使って、NLPプラクティショナーセミナーに参加することは、資格の取得ができるメリットではなく、さらに大きなメリットがあります。そのメリットの一つが、『本当の意味でのNLPを学ぶことができる』ということです。もちろん、入門セミナーのような種類のセミナーでも、NLPのすごさを体感することはできると思います。しかし、10日間のNLPプラクティショナー資格セミナーに参加するとしないでは、その理解の差は歴然としてしまいます。

NLPプラクティショナーセミナーは、北海道・仙台・東京・名古屋・大阪・福岡・沖縄、色々な地域で学ばれています。地理的な問題もあると思いますが、時間と費用をかけて、NLP(プラクティショナー)を勉強するのでしたら、そういった制約をとり払って、自分が学びたい団体を選ぶことをオススメします。

押えておきたいNLP基礎知識